>

インターネットでの医療品の買い方

ネット通販での医薬品の購入の流れ

インターネットで医薬品を購入する場合、通常の商品より慎重なやり取りが必要になってきます。
ここでは、最も副作用のリスクが高い第1類医薬品の販売の流れを紹介していきます。

(1)購入者が、正しい販売サイトかどうかの確認を行って購入したい医薬品を選ぶ。
(2)薬剤師(販売者)は以下の使用者の状態を確認する。
・症状
・性別・年齢
・持病やアレルギーの有無
・医療機関の受診の有無と内容
・妊娠中や授乳中の状態であるかどうか
(3)薬剤師(販売者)は以下の使用者の情報に応じた個別の指導や情報提供を購入者に行う。
・購入する商品の用法・容量
・服用期間や飲み方の注意
・服用後の異変に対する注意事項
・商品の保管方法
・再質問や相談などの有無の確認
(4)購入者が提供された情報を確認した旨の連絡をする
(5)商品の発送

ネット通販で医薬品を購入する時の注意点

対面販売とは違い注意するべき点も多い医薬品のネット販売。
しかし以下の注意を守れば、安全により便利に医薬品を利用することが出来ます。

このサイトを参考にして販売許可を得た正しい販売サイトを利用する。
価格につられて安全性の確認されていない海外医薬品や偽造医薬品を購入しない。
使用説明書や薬剤師の説明どおり正しい用法・用量で服用する。
販売許可を得た販売サイト以外の場所で掲載された医薬品の情報は信用しない。(○○の治療薬は■■の症状にも効く、××治療薬は3倍の量を飲めば早く治る、など。)
購入した医薬品は正しく保管する。
配送トラブルや購入に関するやり取りなどがあるため、日程に余裕を持って購入することをおすすめします


この記事をシェアする