>

医薬品は誰でも販売できるのか

ネット販売できる業者について

インターネットで医療品を販売する業者には条件が課せられます。
医薬品の服用には副作用などのリスクがあるために、適正な指導が必要になるためです。
不正な業者に危険な目に遭わされないよう販売業者に対する正しい知識があればより安全に利用できるでしょう。

まず一番大きな条件は、薬局・薬店の許可を持っている実店舗を有した業者であることです。
しかも週30時間以上の営業や、見える場所に標識があること、薬剤師や用得販売者が常駐していることなど薬機法の基準を満たしていることが必要です。
また、販売サイトに必要な情報を掲載することが義務付けられています。
このような条件を満たした安全な販売サイトは厚生労働省のホームページにも記載がありますので、事前に調べておくとさらに安心です。

実際に購入するときはここをチェックしよう

不正業者にだまされたり危険な目に遭わされないように、利用するサイトでは以下の内容をチェックしてください。

・販売サイトに必要な情報が正しく掲載されていること。(特定商取引に基づく表記や実店舗の詳細・商品の写真や使用期限・特殊な注意事項など)
・販売サイトや店舗の情報が変更された場合に内容が正しく更新されていること。
・インターネットの他に対面や電話で相談できる窓口があること。
・常に正しい情報を提供し、内容の理解や再確認の有無を購入者に行っていること。
・乱用の恐れのある医薬品の販売制限を行っていること。
・禁止された形式での販売を行っていないこと。(オークション形式での販売・使用期限切れの医薬品を値引きなどして販売する・使用期限切れの医薬品を値引きなどして販売するなど)


この記事をシェアする