>

医薬品を通販で購入できる時代に

医薬品の種類

一般に私達が使用している医薬品は主に「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の2種類に分けられます。

医療用医薬品とは、医師が患者の症状や体質に合わせて処方する薬のことで、薬剤師が調剤する薬のことです。
強い効果が期待できますが、重い副作用が生じる可能性もあるため医師の処方や薬剤師の指導が必要です。
その為、適切な設備があり薬剤師が常駐する薬局でしか販売されることはありません。当然、インターネットでの販売も禁止されています。

次に一般用医薬品について、こちらは市販薬などといわれていて、副作用のリスクの度合いで「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」に分かれています。
数字が大きくなるほど副作用のリスクは減ります。
実際の薬局・薬店でも区分によって販売ルールが分かれています。

ネットで購入出来る医薬品

以前は第3類以外の医薬品はインターネット販売が禁止されていました。
しかし平成26年6月12日以降は薬事法が改正され、医薬品の区分を見直し第1類・第2類・第3類すべての一般用医薬品のインターネット販売が可能になりました。
リスクのあるものをインターネットで販売することに抵抗のある人もいるかもしれませんが、より安全に購入・服用できるように薬事法が見直されています。
その為他の商品よりは少し面倒な手続きがあり、販売業者にも条件がありますが、より安全に便利に医薬品を購入できるようになりました。

インターネットで購入できる医薬品の例
第1類医薬品…一部の毛髪剤・胃薬・鎮痛剤などのうち、特に効果が期待されるものです。
第2類医薬品…薬店で市販されている風薬や、解熱鎮痛剤、胃腸薬などの大部分のものを指します。
第3類医薬品…それ以外のものでビタミン剤や整腸剤などのサプリメントに近いものまであります。


この記事をシェアする